1. 無料アクセス解析
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月


バレーボールの大山加奈選手と東レアローズをひたすら応援しています。
当サイトは個人運営のため、ご本人・所属チームとは一切関係ございません。
コンテンツ内の画像・文章の無断転載引用はお断りしています。
非難中傷煽りや同一人物の名前を変えた投稿等の嵐行為は管理人の判断でコメントを削除します。

清く正しく美しく、みんなで大山加奈選手に愛ある応援をしていきましょう!!!!

管理人のからあげママにご意見御用がある方はこちらからご連絡ください⇒:: ☆MAIL☆ ::

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.05.24 (Sun)

BS日テレ  大山加奈特集

23日、BS日テレ『BSスポーツLIVE&DREAM』を見ました。

1時間、カナちゃん特集かと思っていたら違っていました ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!

スポーツニュース番組だったんですね、生放送ですって  Σ(゚∀゚*)

ということで、15分くらいでしたか。
『勇者たちの奇跡』  というコーナーがあるんですね、きっと。。。


そちらで大山加奈選手の密着特集がありました!!




【More・・・】


『女子バレーボール大山加奈 復活』

今年5月18日、全日本女子バレーボールチーム代表会見、その中に大山加奈選手がいた。

「今回は選ばれるとは思っていなかったので、こうしてまた日の丸をつけれたことがすごくうれしいです。」


2004年8月、アテネオリンピックでの姿。

カナの日記

【右腰に違和感。痛い。。。
さすがに精神的につらくなってきたけど負けない!!】

今合宿での明るい表情で練習する姿。

小学校時代のカナミキの写真。

「とびぬけて大きかったので、先輩たちに誘われて、はい、練習を見に行ったのが初めてですね。」

ひまわり時代のスパイクを決めて走りまわる姿やブロックを決めたシーン。

高校の恩師、小川監督に聞いたカナの印象

「小学生の頃から強いボールを打てるという、そういう強さを持っている、大きさもある。まぁ、日本の選手にはあまりいないタイプ。剛腕というのとは裏腹にすごい優しいいい子でしたね。


12V、アテネでの試合。

アテネでオリンピックデビューを果たした大山は次の北京では名実ともに日本のエース、をんな期待を背負っていた。だが、同時にあることに苦しんでいた。腰の痛み。

アテネ後の日本代表合宿での筋力トレーニング。腰痛を抱える大山加奈は別メニュー。
実は高校時代から腰に違和感があった。それでも試合に臨んでいたが、アテネオリンピック後痛みで思うようにプレーできなくなっていた。。。


2005年、東レ体育館

WGPを腰痛のため代表辞退。所属チームに戻り調整に専念。

「レシーブすると痛い。(打つほうも)平気ではないです。」

日本代表の試合を終えて荒木絵里香が東レに戻ってきた。

エリカ、サオリンと一緒に東レにて取材

「(エリカが出場した)代表の試合はそんなに見なかった。」

Q見ないようにしたんだ?

エリカを見ながら少し笑ってうなずく。

Q普通だったら今までいた代表チームだから、彼女(エリカ)もいるし気になるのでは?

カナ「もちろんエリカのことは応援していました・・・けど・・・」

エリカ「私は見てたよ、カナのこと。笑」

カナ 苦笑い・・・・

エリカ「あるんですよ、いろいろと複雑なことが。」

カナ 無言でうなずく

精神的に追い詰められていた。
チームメイトの活躍に気持ちは焦るばかり、でも身体がついていかなかった。


2007年WC セルビア戦のスパイク

この大会のあと、大山はコートから姿を消す


WC後から書き始めた日記

【腰の痛みが強く・・・まっすぐ立ってまっすぐ歩くコトができない】


5月北京断念の新聞記事。苦渋の決断。


「もうワールドカップが終わってすぐに病院回って入院したんです。その時にもう言われていたんです。
(2007年)12月の時点で8月(北京五輪)は無理だって・・・・うーーん・・・」

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアだと診断。
日常生活にも支障が出ていた大山は手術を決意。
だが、アスリートがこの手術を受けたことはなく、復帰の保障はなかった。

「普通のこの手術では筋肉を1回はがすらしいんですよ。そうなると筋肉ってのはもう戻らないのでスポーツをする上ではやっぱりリスクが高すぎると言われました。
もうバレーはできないのかなぁって思ったりとか、逆に手術が怖くてバレーボールを続けなければ手術はしなくてもすむのかなとも考えてしまって。すごいたくさん泣きましたね。」


大山の日記

【2008/8/10 SUN
入院1日目 
今日もそんなに症状は強くない。
明日手術をうけたらもうしびれとさよならかな

2008/8/11MOM
入院2日目
手術当日
まぁ、安政にしていたし、特に問題なし】


予定より長引いたが手術は無事終了

8月11日 北京五輪 日本VSベネズエラ戦 

大山が手術を受けたその日、北京五輪で日本代表が戦っていた。
以前複雑な思いから代表選の試合を見なかった大山だた、ベッドの上で仲間たちを応援。

「また、みんなとこういうコートに立ちたいって思いになれました。
今までずっと、やっぱりそういう痛みとか引きずってきたんですけど、手術を機にこう生まれ変わった感じがして、もう1回0からスタートだとリセットできたんです。そしたら気持ちも楽になって、それが結果的にプラスにいろいろかんがえられるようになりました。」


滋賀でのリハビリ

長年わずらってきた腰の痛み、その痛みをまったく感じずに自由に身体を動かせる喜びの日々。
東レでのトレーニング、練習の姿。


豊田市での復帰戦
大山の出番、手術後初めてコートに立つ。
484日ぶりの試合でボールタッチ。それをチームメイトがポイントに繋げ、大山の復帰を祝った。
この日大山がコートに立ったのはわずか90秒。

「もしかしたら、手術をしたあとにコートに立つことはできないかもしれないっていう思いもあったりしたので、こうやって無事にユニフォームを着てコートに立てて本当によかったなって・・・」


ここから本格的に登り始めた復活の階段。


「やっぱ、まだスパイクポイントを試合でしていないので、すぱいきで点数を取りたいなと思います。」


2009年5月黒鷲旗

東海大戦、第一セット。強烈なスパイクを決める。


「復帰後初スパイクが決めれたので、そういう意味では自分の中では特別な試合になったかなと思います。」



2009年5月18日 代表合宿にて大山のいまの心境をインタビュー

Q手術をして体で変わったところは?

「そうですね、やっぱ手術前はます足のしびれと痛みがすごくて、体をまっすぐ起こせなかったんですよね。けどそれが、本当にしびれはまったくないですし、体もちゃんと起こせるようになって、本当に生まれ変わったみたいに良くなりました。
今は身体が起きるので、しっかり前を向けて、で、それに合わせて気持ちも前を向けるようになりました。」

Qコートに戻った時、どの瞬間が一番うれしかったですか?

「手術前とか手術を決意したときに、もう2度とスパイクが打てないかもしれないなって覚悟をしたときもあったので、で、やっぱりスパイクは特別なので、スパイクが無事に打てたってことでホッとしました。」

Qっちゃんとバシって?

「意外と、はい、笑」

Qすごい火の玉みたいな?

「そこまでいかないですけど、もっとへなちょこかなって思ったら意外とパーンと打てて、はい、よかったです。」

Q身体が知ってるわけですからね、スパイクを

「忘れないもんですねぇ」

Q日本代表は特別なものですか?

「うーん、そうですね。やっぱり小さい時からずっと目標にしてきたものだったし、でもやっぱり自分からこう遠ざかってしまった時期もあって、なので、もう一度こうして戻ってこられたことに本当に感謝しています。」

Q夢ってなんですか?

「今、感じるのはバレーボールができることが当たり前ではなくて、すごく幸せなことなんだなぁっていうのは感じているので、この気持ちをいつまでも忘れずに楽しくプレーしていきたいなぁと思います。」


以上


この日はゲストに吉原知子さんが来ていました。
カナちゃんのことを「とにかく優しくていい子。誰に対しても優しくてすごくいい子」と言っておられました。
ほんと、そのとおりなんです。私もお友達にカナちゃんのことを話すとき、必ずこれは言います!!
吉原さん、気が合うと思うわ~!!
そしてですね、「もうカナは大丈夫!!」と言っていました。これも私と同じ考えですよ!!


こちらの特集も、カナちゃんが丁寧に取材に答えていてとてもいい番組でした。
暗いオーラをまとっていた時期もありました。。。長い辛い時期でした。
いろいろとあったけど、今のカナちゃんは一番キラキラしているからなぁ、よかったなって。。。
夢を「この気持ちをいつまでも忘れないで・・・」というところ、なんかもう心が洗われました☆

これからは、ずっとずっとキラッキラのカナちゃんでいてくれますね!!

まだまだ復活の道半ばです!!
吉原さんのいうような、凄い選手に絶対になろうね!!



スポンサーサイト

テーマ : バレーボール - ジャンル : スポーツ

EDIT  |  01:44  |  大山加奈  |  CM(7)  |  Top↑

Comment

●見ましたぁ~♪

危うく見逃すとこだったけどw
ちゃんと録画もしました☆
うちもカナちゃん特集だと思ってたよ!!
だから、あまりの短さに「こんだけ?」って思ってしまったw
スポーツニュース番組だったんですね・・(苦笑)

カナちゃんのこれからの活躍ほんと楽しみっす!!
いろんな可能性を引き出していってほしいですね。
応援する楽しみも倍増ですね☆
PRETZ |  2009.05.24(日) 12:50 |  URL |  【コメント編集】

今録画してあったのをとりあえず見ました。
編集して改めてじっくり何度も見ようと思います。

よく手術に踏み切ったな~っと改めて感心します。僕がバレー選手やったら「バレー諦めたら手術せんでもエエんや・・・」って手術が怖くてバレー辞めてしまいそう。カナ選手もそう思ったみたいですが・・・相当悩んだと思いますがよっぽど痛くて辛くてこのままではアカン・・・あともう一度コートに立ったる!という強い気持ちが手術に踏み切らせたのか・・・もう一度バレーが出来る喜びを忘れずにって言ってましたが、その通りですよ~!そして見た事のないもの凄い選手になって下さい。あとカナスマイルも我々ファンにいっぱい見せて下さい!

小学生の頃のカナ選手はなんか美少年って感じでしたネ。
デジタル放送で見てもカナ選手はやっぱりベッピンさんでした。

青メバル |  2009.05.24(日) 13:56 |  URL |  【コメント編集】

●ビデオチェック今観ましたぁ~。

ママさん。晩2.こ!今観終わり?!チョロ吉も、特集だとばっかしぃ!!でもトモちゃんが、ゲストだったんで…(^-^)v幼少の頃の加奈少し出て居ました。愉しく♪(^-^)v遣ってましたぁ~ホンマ一生懸命に…(^o^)vでもトモちゃんも云うってました。加奈は、怪我して強くなった!!後逢うと~眼力が…日に々増すこと、加奈が凄くなって着てると!トモちゃんも云うてましたけど自分もアキレス腱を切ってと。話して強くなって往くと…(^-^)vチョロ吉もそぅ~だったんで。加奈にすると?到底違うかも知れないぃゃ~大分チャゥ!!デモ考え方は、一緒だとチョロ吉は想うンダョッねっ…(^^)v第2章加奈取り舵入って着てる!!p(^-^)q。焦らず&ムチャせんと。ゆっくり・じっくり&凹まんと!愉しく♪(^-^)vなって!!(^-^)タイ遠征に向けてp(^-^)q2.ですょっ~。では。インフル注意してねっ…ママさん。体調&風邪引かんよ~に。なが2.と。で。ほなねっ。(^-^)/
チョロきったん |  2009.05.24(日) 19:48 |  URL |  【コメント編集】

●しっかり見ました!!

ママさん、こんばんわ。私もしっかり録画をしながら見ました。
今、ここに至るまでの道のりは、本当に長く苦しいものでしたね。手術をして、痛みから解放されて、苦しいリハビリを経てコートに戻って来られた喜びは格別なものだったことでしょう。私もあの3月15日のカナちゃんのコート復帰をこの目で観られて本当にうれしかったです!!
でも、まだまだこれからが大変です。せっかくここまで来たのだから、もう二度と無理をすることのないように、少しずつ、一歩一歩進んで行ってほしいなと思います。何度も同じことを言うようですが、私もカナちゃんの苦しむ姿をもう見たくはありません。だからこそ、復帰は慎重にしてほしいです。
ここまでカナちゃんを支えて来た多くの人たちのためにも、そして、私たちファンのためにも・・・。
久しぶりに見たカナちゃんは、すごく大人になっていましたね!!
吹っ切れた感じの明るい表情を見られてなんだかとてもうれしかったです。
naoko |  2009.05.24(日) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

●読むのと観るのとの大違い

ままさん、今晩は 今はホッとしています。
LIVE&DREAMを観ていて一番胸が痛んだのは、東レでの加奈さん、エリカ、サオリン、三人の対談で加奈さんの表情でした。暗くて、何処か投げやりで、虚無感さえ漂っていましたね、と思ったのは私だけでしょうか?。
あんな加奈さんの表情を見たのは初めてでしたよ。KYの司会者が発する質問に、イラッどころかムカッときましたが、エリカのフォローが救いでした。
そして、松瀬氏のインタビューでの答えは、生き生きと輝く笑顔で夢を話してくれました。直毛ではなくウエーブが掛かったのもナンか可愛かった。(失礼)長年の痛みと痺れから解放された表情が素晴らしく、加奈さん良かったね、の言葉が自然と独り言で出ましたよ。
ママさん、これからの加奈さんが楽しみですね。
老婆心ながら少し長くなりますが、安全講和で樵の親方と弟子の話があります。高い梢で作業をしていた弟子が、地上2㍍位の高さに来た時、初めて親方は「オィッ、気をつけろっ!」と大声をだしました。不思議に思い筆者が尋ねますと、高い所ではそれなりに緊張するものだ、2㍍辺りが一番危ない。と これで良いと思った時が緊張が解ける事の戒めでしょうか。
寿司 |  2009.05.25(月) 00:16 |  URL |  【コメント編集】

●こんにちは

◇PRETZさん◇
見逃したらショックでしたよね、よかったよかった(^^;
ですよね~そう言ってもらえると助かります、笑
たしかにこんだけ?的な、笑
吉原さんの話もかなりあったので、純粋にカナちゃんの特集は短かったですね。
でも、スポーツニュース番組のコーナーとしては十分ですかね?
ほんと楽しみですね!!楽しいすぎて困っちゃうわ~笑


◇青メバルさん◇
怖かったでしょうね・・・腰ですし神経集中してるとこだし、万が一に失敗したらバレーどころか歩けなくなってしまうとか、、、いろいろと心配しますよね。
悩んだと思いますが、スポーツナビのインタビュー見たら1日で即決したようですね!!
さすが大山加奈、絶対にコートに戻るって気持ちがそうさせたんでしょうねか!!
小学校のときはカナちゃんは少年でしたね~(^^)
それもかなりモテモテの少年ですね!!


◇チョロきったんさん◇
吉原さんもアテネでのカナちゃんを知っていますが、あのころから腰にも痛みがありましたし、苦しんでいましたからね。
今のキラッキラのカナちゃん見てすごいって思ったでしょうね!!
みんな怪我から復帰してきてるんですね。でも、その影でたくさんの選手が怪我から復帰できずに消えていったりもしています。
カナちゃんには、まだまだじっくりと調整していってもらわなきゃですね!!

からあげママ |  2009.05.25(月) 13:38 |  URL |  【コメント編集】

●こんにちは

◇naokoさん◇
私もねぇ、、、あの日あの場所でカナちゃんの復帰戦を見られたことが本当にうれしかったです!!
ほんのちょっとでしたが、やっぱりうれしかったですね!!
そうなんですよね。まだまだこれからなんです。ここで終わりじゃないですからね!!
カナちゃんにロンドンで活躍してもらうには、そこにピークを持っていってもらいたいですから。
まずは東レのコートからでいいと思ってますよ!!
そうなの!!すっかりと大人のカナちゃんになっていましたね(^^)
エリカ、サオリンと一緒のインタビューのときとはまったく違ってましたね、笑
もう24歳ですものね・・・


◇寿司さん◇
あのころのカナちゃんにはいつも苦しさをまとっていましたね。
あのころというか、、、いつもでしたけど(^^;
それでもファンにはいつも優しい笑顔を見せてくれていましたよね。
まぁね、エリカはちゃんとカナちゃんのことをわかってくれているってところが救いでしたね。ちゃんとエリカは離れていてもわかってくれてたってことですよね。いい二人ですね・・・(涙)



からあげママ |  2009.05.25(月) 13:46 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。